会社概要

Company
手とエコのイメージ写真
エコロジー建材専門輸入商社です。

エコロジーという言葉を一般的に耳にするようになった1991年、私どもは創業しました。翌1992年歴史的なリオデジャネイロ地球サミットが開催され、「持続的経済」のために環境を守ることが重要であることがなんとなく意識された時でもあります。そんな時代に私たちは「エコロジー」「地球環境」の考え方を日本中に広め、継続していくためには、「エコロジー」にかかわる全ての人たちが幸せにならなければならないという信念のもと、エコロジー建材の輸入ビジネスを開始しました。

Campany.01

会社概要

設立 1991年11月1日
資本金 3,000万円
代表者 池田嘉次
業務内容 エコロジー建材の輸入・販売 経営支援
従業員数 24人
本社 〒553-0003
大阪府大阪市福島区福島4丁目8-28 FJビル3F
TEL 06-6452-9377
FAX 06-6452-9378
フリーダイアル 0120-544-453
MAIL
WEB https://iskcorp.com
Campany.02

イケダコーポレーションの歩み

1972
・16名の女性植物学博士がシュタイナー哲学を理念に、「自然塗料」への取り組みが始まる。
1974
・ドイツでリボス植物化学社が誕生。
1991
・イケダコーポレーション設立
・リボス自然塗料の取り扱いを開始。
1995
・ドイツの消費者向け書籍「エコテスト」を翻訳し、「エコロジ―建築(訳 高橋元氏)」を発表。
・建築、特に住宅分野において、エコロジーが身近に取り上げられる契機となる。
1997
・リボス社植物化学社・環境部門代表ウラ・エガース女史が初来日。
・大阪にて、「室内汚染と環境適応 型建築の現状」のテーマで講演会を開催。
・第1回 エコバウ建築ツアーを開催1997年の開催以降、ドイツ・スイス・オーストリアを中心にエコバウ建築ツアーを継続開催。(年1回)
2000
・ホルガー・ケーニッヒ氏の著書「健康な住まいへの道(訳 石川恒夫教授)」の出版に携わる。
・ドイツ オガファーザー壁紙の取り扱いを開始。
2002
・スイスウォールの取り扱いを開始。
・「住宅の品質確保の促進等に関する法律」の施行。室内の空気環境の表示基準が設定される。
2003
・国土交通省が建築基準法を改正。シックハウス対策に係る規制を強化。
2007
・第1回「塗り壁のある風景コンテスト」を開催。
・「これからの住宅」セミナーを東京で開催(講師:久住章氏他)
2011
・東北地方太平洋沖地震による福島第一原発の事故を受け、ドイツ・スイスでは「脱原発」政策を決定。
・「これからのパッシブ住宅セミナー」を福岡・名古屋・大阪で開催(講師:松尾和也氏、三浦祐成氏 他)
2012
・「実践!これからのエコロジー住宅セミナー」を開催(講師:森みわ氏、久住章氏、須藤正広氏)
2013
・第4回「塗り壁のある風景コンテスト-スイス漆喰アートフェスタ」を開催。
・「リボス創立40周年記念セミナー」を東京・大阪で開催(講師:ヴァルデマー・ボーテ氏、ロバート・サイモン氏)。
2014
・第5回「塗り壁のある風景コンテスト2014」を開催。
・欧州化学物質庁(ECHA)が、EU内の化学物質規制に関わる「REACH規則2018年ロードマップ」を公表。
2018
・第22回エコバウ建築ツアーを開催。日本の建築業者と欧州最新のエコロジー住宅事情を視察。
Campany.03

取扱商品