お役立ちコラム

Column

健康と快適性を考えた塗り壁材の選び方

暮らしのコラム全て
2020.08.11

家づくりで最も広い面積を占め、住む人の快適性に大きく影響するのが壁です。

 

壁に使われる仕上げの種類には、塗り壁以外にも壁紙や塗装、板張りなどがあります。

塗り壁が選ばれる理由は、ビニールクロスや塗装にはない

やわらかな表情や素材感、調湿性・消臭などの機能性にあります。

しかし、塗り壁材にはたくさんの種類があり、何を基準に選べば良いのか迷って

しまうことがあります。

 

この記事では健康で快適な家づくりをテーマに、塗り壁材を選ぶポイントを紹介します。

 塗り壁材の種類

 

家づくりでよく使われる塗り壁材には、それぞれメリットとデメリットがあります。
健康で快適な家づくりを目指すのであれば、合成樹脂をほとんど含まず
機能性のある自然素材の塗り壁材がオススメです。

表 塗り壁材の種類

まず、合成樹脂系の塗り壁材は漆喰や珪藻土が持つ調湿性・消臭などの

機能性はなく、塗り壁の色や仕上げパターンなどの幅広いデザイン性を

楽しむための素材です。
漆喰珪藻土は合成樹脂系の塗り壁材よりも表面強度が落ちますが、

あたたかみのある素材感や調湿性など体感しやすいメリットがあります。

 

では、漆喰と珪藻土の大きな違いは何なのでしょうか?

その答えは、壁にしっかりと接着するために「結合材を必要とするか?」

という点にあります。

漆喰は素材自体が固まる性質なので結合材は要りませんが、珪藻土には

固めるための結合材が必要です。
漆喰よりも調湿性が高い珪藻土ではありますが、結合材に合成樹脂が含まれる

ことで調湿性が落ちカビの原因になります。珪藻土を選ぶ時は、結合材の成分

にも注目しましょう。

日本の漆喰は1300年前より、土壁や木などの自然素材と共に建築の仕上げ材として

使われてきました。ところが1960年代に高度経済成長による住宅建設ラッシュが始まると、

自然素材よりもビニールクロスや合板などの新しい仕上げ材が使われるようになりました。

以後、塗り壁材にも約40年前に合成樹脂系の塗り壁材が、新しい選択肢として加わっています。

 

一方、古い建物を改修して住み続けるヨーロッパでも、もちろん合成樹脂系の仕上げ材もあり

ますが、漆喰の歴史が日本よりもさらに長く3000年以上ともいわれます。
日本よりも20年早くシックハウスやエネルギー・環境問題に着目し、漆喰が安全で耐久性の

ある仕上げ材として変わらず選ばれ続けています。

中でも天然スイス漆喰は300年以上前の伝統製法を守り、健康な家づくりに欠かせない素材として、

本国以外でもドイツやフランスなどの近隣諸国でよく使われているものになります。

 

あわせて読みたい         →          「伝統製法へのこだわり」  「機能と効果」

 

 

 天然スイス漆喰・カルクウォールとは?

 

それでは、実際に天然スイス漆喰を使った家に住んでいる方は、どのようなことを実感して

いるのでしょうか。実際のユーザーボイスを交えて、天然スイス漆喰の特徴を紹介します。

 

No.1!  ☆ 調湿性 ☆

「湿気が気にならず年間を通じて過ごしやすい」
「部屋干しした洗濯物が乾きやすく嫌なにおいもしない」
「冬に喉が痛くて目が覚めるということがなくなった」

天然スイス漆喰の良さが実感できるユーザーボイスとして、最も多いものが調湿性に関する

ことです。以前に暮らしていた家で梅雨時のジメジメした室内や冬場の乾燥に悩まされていた

人は、特に実感しやすいようです。

新築だけでなくリフォーム時でも、天然スイス漆喰を選んだ理由に

「結露とカビに悩まされていた」ことを挙げる人は多いです。

 

あわせて読みたい         →        「I様邸『好き』が詰まった家」

 

No.2!  ☆ 消臭効果 ☆

「あまり臭いが残らないので気軽に焼肉や鍋を楽しめるようになった」
「新築特有のにおいが全然しなかった」
「来客時にペットの臭いを気にすることがなくなった」

以前より建材などから出る接着剤や塗料に含まれた化学物質の規制は進んでいますが、

未だに新築の臭いに悩まされるケースは後を絶ちません。身の回りのにおいや化学物質に

反応しやすい人にとっても、成分的にも安心してオススメできるのが天然スイス漆喰です。

消臭効果については「意外と気になる部屋のニオイ」で、詳しく解説しています。

 

あわせて読みたい         →        「T様邸 建築家と造った自然素材の家」

No.3!  ☆ 反射効果 ☆

「日中に照明をつけることがあまりない」
「間接照明の光がきれいに広がりあたたかみを感じる」

漆喰は内装材の中でもとても反射率が高く部屋を明るくし、店舗や部屋を広く見せたい時にも

使われる素材です。天然スイス漆喰は砂を含み表面に繊細な凹凸があることで、光の当たり

具合で壁の陰影を感じさせてくれる素材でもあります。
天然スイス漆喰の白さは化学物質などで合成され着色された無機質なものではなく、壁の陰影を

反映し無垢材の建具や家具などのインテリアをきれいに見せてくれます。

 

あわせて読みたい         →    「A様邸 都心でも自然を感じられる家」

 

最後に、塗り壁材は何のために塗るのかで選ぶ材料も変わってきますが、いずれの材料を選んでも

「割れ」と「汚れ」はつきものです。
お手入れについても分かりやすく説明しているホームページや、補修用の商品などが販売されて

いるメーカーのものだと、より安心です。
天然スイス漆喰なら、表面の汚れや小さなひび割れ・剥がれを自分で補修することもでき、

家に愛着を持ってずっと一緒に住み続けることができます。

 

あわせて読みたい         →  「F様邸 里山近くの故郷になる家」

 

  筆者プロフィール

岡田さんプロフィール写真        岡田さんプロフィール

back number

自然塗料の種類   木造の公共建築に選ばれる塗料とは?   無垢&オイル塗装の家具のメンテナンス

樹種別のオイルの選び方&塗り方(基本・内装編)    オイルの基本の選び方&塗り方(基本・外装編)